養育費は子供が何歳になるまで支払う義務がありますか?

↓↓↓浮気・不倫の無料相談はこちらをクリック↓↓↓

 

お子さんの成長は日々楽しみなもので、気がつかないうちにあっという間に成長して大人へと近づいていきます。
ただその一方で離婚をした場合には家族としての関係が断たれる事になりますので成長を身近で実感することもできず、生活を別にしている中で唯一のつながりとしてその後の長い期間に渡り養育費を負担することになります。
具体的な支払い金額については双方で協議が行われて決定することもあれば、裁判所で調停を受ける中で数字が示され決まることもあるのですが、毎月のように振り込むお金は大きくかさんでいくことになります。

 

離婚後もお子さんとの血の繋がりが切れるわけもなく親であることには変わりありませんので、子供に対して生活を安定させる責任を持つのは当然のこととなりますが、その一方でご自身もまた新たな人生を歩み始める事になりますので、毎月のように支払う費用が新生活で負担になることもあります。
例えばその後の人生で再婚をしたり、また再婚相手との間に新たに子供を授かる場合のことを考えれば、いつまで支払い続ければよいのかと不安がよぎることもあるのですが、一般的には何歳になるまで負担する必要があるのでしょうか。

一般的な養育費の支払い期間とは?

このお子さんが何歳になるまで支払う必要があるかについては多くの方の関心事となるのですが、まず基本的に養育費は子供が成人し大人として自立できる年齢に達するまでは負担すべき費用になりますので、学校を卒業し就職するまでの間と解釈するのが妥当になります。
ただこの支給期間については法律などで具体的に年齢などが定められているわけではなく、離婚の協議を行う際に夫妻が当事者間で話し合いにより決定する事になり、協議で決定しない場合は裁判所に判断をゆだねる事になります。
ただ成人して自立できる年齢は個々のケースで異なるため一概に言えない部分もあります。
例えば高校を卒業して18歳で就職することもあれば、短大や専門学校であれば履修期間は2年間になりますので20歳で就職し、また4年生の大学であれば22歳で就職することもあります。
まだお子さんが低年齢のときに離婚するのであれば先の将来に関しては見通しが難しいところになりますが、一般的には憲法により成人とみなされる20歳まで支払いを続けることが多くなります。
ただ大学までの進学がほぼ規定路線の場合には、卒業時の年齢に当たる22歳までとやや期間が長くなる場合もあります。

↓↓↓浮気・不倫の無料相談はこちらをクリック↓↓↓